Recherche

Accueil > Artists

Jeroen Verleden

Freelance tubist and teacher

ヨルン・ヴェルレーデン(Jeroen Verleden)はベルギーのイゼゲムに生まれ、 バート・デカヴェル(Bert Decavel)やジョゼフ・セイナーヴ(Jozef Seynaeve)も学んだ 音楽アカデミーで最初のユーフォニアムのレッスンを受けた。 13歳のとき、楽器をユーフォニアムからチューバに変更し、プロミュージシャンを目指すことを決める。 2000年から2002年にかけてゲントのKunsthumaniorで学び、ヘルト・ヴェルシャーヴ(Geert Verschaeve)に教えを受け、 その間、ベルギー音楽連盟主催の3つのソロコンテストで初の全州・全国選手権を勝ち取った。 さらにゲント王立音楽院で学び、2007年にガイ・オーディナー(Guy Audenaert)のクラスで修士号を獲得、 同時期にストックホルムへ留学し、マイケル・リンド(Michael Lind)教授のクラスでも学んだ。 2008年から2009年にかけて、アントワープ王立音楽院のHendrik-Jan Renes氏のもとで、 特別奨学生としてオーケストラ演奏を経験、Melvin Culbertson、Sergio Finca、Walter Hilgers、 Markus H?tzel、Les Neishらと共に、地元や海外で数々のマスター・クラスにも参加した。 2014年、バートキッシンゲンの第5回ドイツ・ブラスバンド選手権にて最高ソリスト賞を受賞。 フリーのチューバ奏者として、フランダース交響楽団をはじめとする各国の交響楽団に定期的に参加。 2007年以降は、ブイジンゲン・ブランスバンドのチューバ部門を担当し、現在、ゲントの音楽アカデミーで教鞭も執っている。

Instruments
Contact / Social
Retour en Haut
Your product has been added to the Shopping Cart Go to cart Continue shopping
$mailadress = get_field('retailer_email', 29371); error_log(print_r($mailadress, true));