Recherche

Accueil > Artists

外囿 祥一郎

東京音楽大学教授 昭和音楽大学客員教授 ワーヘリ主宰 ブラス・ヘキサゴン主宰

1969年鹿児島市生まれ。1992年第9回日本管打楽器コンクールで第1位および大賞を受賞。94年東京コンセルヴァトアール尚美ディプロマコース修了。97年英国
テューバ・ユーフォニアム カンファレンスにおいて、日頃の演奏活動の功績が認められ「Euphonium player of the year」を受賞。同年9月にはフランス・フィリップジョーンズ・ブラスコンクール、ユーフォニアム部門において優勝。これまでにNHK交響楽団、大阪市音楽団、大阪フィルハーモニー交響楽団、九州交響楽団、札幌交響楽団、ジャパン・ヴィルトーゾ・オーケストラ、ストラスブール管弦楽団、セントラル愛知交響楽団、東京交響楽団、東京佼成ウインドオーケストラ、などの演奏団体と共演を行う。また航空自衛隊航空中央音楽隊に在籍中にソリストとして数多くのコンサートを行う。

また彼のために書かれた優れたユーフォニアムのオリジナル作品発表は、その可能性を追求し続ける姿勢であり、高く評価されている。ソロ・コンサートは国内外で開催されており、その他、ザ・テューバ・バンド、ブラス・ヘキサゴンなどアンサンブル・ユニットではそれを主宰し意欲的な取り組みをみせている。これまでに発表されたアルバムは21枚(内3枚は文化庁芸術祭ノミネート作品)、ほかゲスト・ソリストとしても多数のアルバムに参加している。2013年3月に航空自衛隊を退職しソロ活動および後進の育成に力を注ぐ。2015年10月に音楽監督を務めた「九州ユーフォニアム・テューバフェスティバル in 霧島」は大成功を収めた。

ユーフォニアムを三浦徹、露木薫、スティーヴン・ミードの各氏に師事。

現在、東京音楽大学准教授、エリザベト音楽大学、洗足音楽大学、昭和音楽大学各客員教授および相愛大学音楽学部特別講師。
ビュッフェ・クランポン・ジャパン専属講師。

[使用楽器:〈ベッソン〉“ソヴリンBE968J”]

Instruments
Sovereign BE968J
Retour en Haut
Your product has been added to the Shopping Cart Go to cart Continue shopping