Recherche

Accueil > Artists

Bastien BAUMET / バスティアン・ボーメ

国際的ソロ奏者、パリ13区音楽院教授

1988年、フランスに生まれる。ニーム音楽学校にてユーフォニアムを始め、パトリック•モーリンに師事。ヴィルールバンヌ音楽院では、クリスチャン・ドゥランジュに師事し、続けて音楽教育を受ける。

2006年、17歳のときにフランス国立パリ高等音楽院(CNSM)に入学し、フィリップ•フリッチとジャン=リュック・プティプレに師事。2009年には満場一致の1等賞を受賞する。
パリ高等音楽院(CNSM)在学中より、リヨン国立管弦楽団、スイス・ロマンド管弦楽団、マルセイユ歌劇場管弦楽団、フランス放送フィルハーモニー管弦楽団、パリ・オペラ座管弦楽団、トゥールーズ・キャピトル国立管弦楽団(ヨーロッパ・ツアー:ハンブルク、ベルリン、ブリュッセル、ウィーン、モデナ、ブダペスト、ベオグラード、ワルシャワ、ザグレブ、アジア・ツアー:大阪、京都、東京、南米ツアー:ブラジル、アルゼンチン)、モンペリエ国立管弦楽団、フランス国立管弦楽団、ブルターニュ管弦楽団、ボルドー•アキテーヌ国立管弦楽団などと、ジャン=クロード・カサドシュ、チョン・ミュンフン、トゥーガン・ソヒエフ、オラリー・エルツ、グレゴル・ビュール、ロジャー・ブートリー、ピンカス・スタインバーグ、ピエール・ブーレーズ、レナード・スラットキン、フィリップ・ジョルダンといった著名な指揮者のもと、世界各地にて数々の共演を果たす。

2007年よりパリ警視庁音楽隊のメンバーとなり、パリ•ブラス•バンド(フランス金管バンド・チャンピオンシップ2012、2013、2014年優勝)とプレスティージュ・ブラス・カルテットの首席 ユーフォニアム奏者としても活躍している。

2006年、ルクセンブルグで行なわれた「ヨーロッパ選手権ソロ・コンテスト」で優勝した。その2年後、ユーフォニアムを基幹とした最も有名なイヴェントである、「第5回チェジュ国際金管打楽器コンクール (済州島・韓国)」で第1位を受賞。
2012年7月、ブラスバンド選手権である「アンボワーズ・オープン選手権」にて優勝。その後パリ13区立 モーリス・ラヴェル音楽院で教鞭をとることとなる。また、同年には自身初となるCD「The Art of the Euphonium」をリリースしている。
現在はフランス国内外で、ソリストとして精力的に演奏活動やマスタークラスを行なっている。

パリ13区立モーリス・ラヴェル音楽院講師
パリ警視庁音楽隊ユーフォニアムソロ奏者
ビュッフェ・グループ〈ベッソン〉アーティスト

Born in 1988, Bastien Baumet began playing the euphonium at the Nîmes Music School (in Patrick Maurin’s class) and continued his musical education at the Villeurbanne Conservatory (in Christian Delange’s class). In 2006, when he was 17, he was admitted into the famous National Conservatory of Music (CNSM) of Paris , where he won first prize with unanimity in 2009.

Since 2006, he has often been involved in orchestras such as l’Orchestre National de Lyon, , l’Orchestre Philharmonique de Radio-France, l’Orchestre de l’Opéra National de Paris, l’Orchestre National du Capitole de Toulouse, l’Orchestre National de France,… to play in famous concert halls all over the world (les Chorégies d’Orange, la salle Pleyel (Paris), le Forum Garibaldi (Monte-Carlo), le Royal Albert Hall (Londres), le Musikverein (Vienne), l’Opéra Bastille, Suntory Hall (Tokyo), la Philharmonie (Berlin) and to work with the most famous conductors including Myung-Whun CHUNG, Tugan SOKHIEV, Pinchas STEINBERG, Pierre BOULEZ, Leonard SLATKIN, Philippe JORDAN, Vasily PETRENKO, Mikko Franck.

Bastien is a member of the National French Police Orchestra since 2008.

He is also the principal euphonium player of the Paris Brass Band (Winner of French National Championship 2012, 2013, 2014, 2015, 2016) and member of the Prestige Brass Quartet (CD « Divertimento »).

In 2006, he won the European contest for young soloist of Luxemburg. Two years later, Bastien won first prize during the international championship in Jeju (South Korea), one of the most famous euphonium-based events.
In Juny 2012 he won the first prize at Amboise’s Open of Brass band.

In July 2012, Bastien became a teacher in Paris’ 13th district Conservatory.

Since 2008, Bastien has performed regularly as a soloist in France and abroad where he also delivers numerous, and exciting master-classes.
In 2012 he released his first CD « Art of the Euphonium » to the record company Indesens.
In 2014, he released his second CD “Portraits” in duet with Alexis Demailly.

Bastien Baumet is a Besson Artist (Buffet Crampon)

Videos
Contact / Social
Retour en Haut
Your product has been added to the Shopping Cart Go to cart Continue shopping